乙女心でお得に読める漫画を紹介します☆

王の獣【14話】最新話のネタバレと感想!歪んだ皇宮を変えるのは誰だ?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

王の獣の最新話もう読んだ?どうだった?

うん!読んでとっても良かったよ!王の獣の最新話のネタバレを話してみるね!

2020年3月24日発売のcheese! 2020年5月号の最新話を読みました!

王の獣【第14話】について、あらすじとネタバレ、感想をまとめてみます。

 

王の獣を無料で読む方法と過去のあらすじまとめはこちらになります。

もし文章のネタバレではなく、絵付きで漫画が読みたければ、U-NEXTで31日間無料で読めますよ。

/600円分のポイントプレゼント!\

 

王の獣【第14話】最新話のネタバレ

勝負後の天耀と江凱

天耀と結婚する――そう言ってのけた璃琳の頭を江凱はぺんと叩き、兄弟で結婚できるわけないのだから悪い冗談は止めろ、と咎める。

璃琳はそっぽを向きなが、お願いもあって来たと言う。

そのお願いは、もうすぐ訪れる璃琳の誕生日の祝宴で兄弟皆を招待したい、というものだった。

何が楽しくてそんな宴を開かなきゃならないのか嫌がる江凱だが、璃琳は何か思いつめたように、自分はもう16歳になるのだ、と答える。

璃琳のその顔に何かを感じ取る江凱。

どうせ断ったってやるのだから好きにしろと返し、江凱は墨と共にその場を去っていった。

 

一方、天耀は自室で筆を片手に、机に向かって執務に励んでいた。

そんな中、藍月は同じ本を本棚から出したり戻したり、部屋の中を行ったり来たりと、なんだかそわそわしていた。

というのも、先日の江凱との勝負でお礼を言うべきか迷っていたのだ。

いくら自分の身もかかった勝負だったとはいえ、自分のために――というのはなんだかおこがましい気もするし、かといって全く関係なかったといえば嘘になるし……

堂々巡りをする藍月だったが、そんな彼女に天耀が声をかけた。

天耀は先程から藍月が同じ詩集本を手にしているのを見て、気になるのなら持っていって良いと許可を出す。

藍月は全く興味がなかったが、断れる雰囲気ではなかったため、ありがたく持ち帰ることにする。

藍月はこの流れで勝負のお礼を言おうとするが、どうにも上手く言えず、途中で何でもないと打ち切ってしまう。

天耀は席に戻り、藍月に言ってくれないのかと尋ねてきた。

何をと問い返す藍月。

天耀は藍月のために結構頑張ったことを伝える。

天耀の言葉に、藍月の口からするりとお礼の言葉が出る。

藍月は天耀に全て見透かされていたことに気づき、彼には敵わないと思うのだった。

 

忘れていた亜人の処遇

璃琳、16歳の祝宴の日――藍月も天耀の従獣として会場前まで来ていた。

天耀を出迎える璃琳。

宴会場へ案内する璃琳だったが、会場内までついてこようとする藍月に対して、亜人はここまでだと、やんわりと、でもはっきりと制した。

屈辱にも羞恥にも似た感情を抱く藍月。

こんな醜い感情に塗り潰された自身を天耀に見られたくない藍月は背を向け、他の従獣たちが控えている場所へ戻るのだった。

 

遠くから璃琳を見つめる藍月。

藍月は、まるで花のように綺麗な璃琳を見ているうち、つい可愛いと口走ってしまった。

それを隣で聞いていた逞牙が慌てて藍月の口を塞ぐ。

亜人が皇族に想いを寄せるなんて不敬で罰せられるから、死んでも言うなと釘を刺され、藍月はここしばらく忘れていた亜人の処遇について、改めて思い知らされるのであった。

 

悟られてはならない

宴が終わり、天耀が戻ってきた。

天耀は宴の間、気を張っていたようであまり食べられなかったよう。

一緒に何か食べないかと天耀から誘われた藍月だったが、自室で取るのでと、断ってしまう。

 

藍月は敷地内の池の側で腰を下ろしていた。

手には天耀から借りた詩集本。

本当に興味なんてないのにと、本を放り出す藍月。

藍月はなぜこんなに胸が重いのか考えながら、後ろに咲いていた花を一輪摘む。

そこへ天耀がやって来た。

夕餉を運ばせたら藍月がいないと聞いたので、散歩のついでに捜していたと言うのだ。

ご飯が冷めてしまうから早く部屋に戻った方が良いと教えに来てくれた天耀の優しさに心温かくなる藍月は、これは尊敬の一種だと思う。

と、天耀が、藍月が花を手にしていることに気づく。

手慰みに摘んでしまったと申し訳なく答える藍月。

天耀は藍月の手の上の花を取り、彼女の髪に挿して可愛いと褒める。

天耀の優しさに今度は胸が締め付けられる藍月は、これも尊敬なのかと自問する。

いや、尊敬というよりもこれはまるで――そこまで考えて藍月は気づく。

この想いは墓場まで持っていくものに値する、と。

藍月は天耀が挿してくれた花を握り潰し、彼と距離を取った。

何かに怯えるような瞳で天耀を見つめ、不愉快だと言って藍月はその場を去る。

藍月はこの気持ちは絶対に天耀に見透かされてはならないと、きつく蓋をするのであった――

 

次回に続く

 

王の獣の過去のあらすじまとめはこちらになります。

最新話の掲載雑誌をすぐに無料で読む

わー詳しくありがとう!だけどやっぱり漫画は絵を見ながら読みたいかも!安くてお得に読める方法知らないかな?

それだったらおすすめの方法があるよ!紹介するね!

あらすじをお話しましたが、やはり漫画は絵を見ながら読むのが面白いですよね。

以前は漫画村のような違法のサイトがありましたが、今はなくなってしまいました。

しかし、違法ではなく漫画の最新話を読む方法があるんですよ。

こちらにおすすめなサービスを紹介しますね。

サービス名 無料ポイント 無料で読める冊数
U-NEXT 600ポイント 今すぐ1冊分が読める
クランクイン!ビデオ 3000ポイント 今すぐ6冊が読める
music.jp 600ポイント 今すぐ1冊分が読める

これらのサービスを使うと、無料お試し期間中にポイントがもらえて、そのポイントを使って新作の漫画を買うことができるんです。

また、無料期間内に解約しても、違約金もかからないし、登録も簡単なのでご安心ください。

最新話を絵付きで読みたいと思ったら、ぜひお試しください!

   

▼31日間無料で今すぐ漫画を読む▼

  U-NEXTを無料で登録&解約できるか不安な方はこちらをご覧ください。

 

王の獣の最新話感想と考察

璃琳が16歳になる、と言ったときの顔は、成人になる自分はいずれどこか遠くの地へ嫁いでいってしまうかもしれないことを考えていたから……?

だとすると、兄弟皆との思い出を作りたいと思うのも分かる。

けれど、天耀と結婚する、という言葉も気になるし……。

璃琳の本音はどこに?

藍月は、お礼を言いたくてそわそわしてて可愛かったです。

それに対する天耀の態度がもう、藍月のことしっかり分かってらっしゃる。

そして、藍月がとうとう天耀に対する想いに気づいてしまったような……!?

けれど、皇族と亜人という種族の壁が邪魔をして、その想いを押し殺そうとしていました。

藍月の想いはどこへ向かっていくのでしょうか。

天耀は藍月の想いに気づいてあげられるのかな?

今後も二人の関係がどうなっていくのか、まだまだ目が離せませんね!

 

 好きな漫画をお得に読む方法

オトナの女性にも人気なレディースコミック。

ドラマ化や映画化などで、そこから原作が漫画だったと知ることも少なくないのではないでしょうか?

こちらに、おとよみで人気なレディコミをまとめてみました。

違法じゃなく無料で読める方法も紹介しています。

この記事を書いている人 - WRITER -





- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© おとよみ , 2020 All Rights Reserved.