乙女心でお得に読める漫画を紹介します☆

【君に愛されて痛かった】最新話ネタバレとあらすじまとめ!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

君に愛されて痛かったってどういうお話なのかな?

こちらにあらすじをまとめてみるね!ぜひ気になるところから読んでみて!

知るかバカうどんさんの君に愛されて痛かったの漫画の内容を知りたいと思っていませんか?

こちらで漫画のあらすじをまとめてみます。この記事を読むと、君に愛されて痛かったのあらすじを理解することができます。

また、過去の話毎にネタバレも記載していきます。

ネタバレを知りたくないという方は要注意してくださいね!最新話のネタバレはこちらに書いています。

もし文章のネタバレではなく、絵付きで漫画が読みたければ、U-NEXTで31日間無料で読めますよ。

/600円分のポイントプレゼント!\

君に愛されて痛かったのあらすじまとめ

中学時代に遭ったいじめがトラウマで、同級生の顔色ばかりを気にする女子高生・かなえは、援助交際で承認欲求を満たす日々を過ごしていた。

ある時、カラオケ合コンで知り合った他校の男子・寛に援助交際の現場を目撃される。

それでも優しく接してくれる寛にかなえは恋をする。

その想いが悲劇の幕を開くことに――。

愛に飢え過ぎた少女の、小さな願いが辿り着く結末は?

 

▼話数のタップで知りたいお話へ飛びます▼

君に愛されて痛かった各話ネタバレ
33話 34話 35話 36話

 

君に愛されて痛かったのネタバレ一覧

33話のネタバレ

とにかく子供の頃から寛は野球が好きだった。

そんな寛にかなえは野球ってそんなに大事なものなのか問う。

その言葉が今まで優しく接してくれていた寛を、まるで別人のように変えてしまう。

彼はとてつもなく攻撃的な目をしていた。それは野球を辞めろということかと、かなえに問い返した。

怯えながらも、違うと懸命に否定するかなえ。

ならどういうことだと再度聞かれる。

寛からの強い圧力に、言葉を発するのをかなえは躊躇う。

手が震えた。

それに耐えながらかなえは何とか言葉を絞り出す。

とにかく嫌だと。

寛の怪我を知ってるのに将来のことをダシに野球をさせようだとか。

そう言った沢山の人の価値観で寛をぐちゃぐちゃにされるのが、かなえには耐えられなかった。

本音をぶちまけた。しかし寛から返ってきたのは「どうでもいい」だった。

固まるかなえ。

家族ですら自分ではないのだから、意見が違って当たり前だ。

けれど、かなえにはその言葉は届かない。

どうでも良くないと立ち去ろうとする寛に手を伸ばそうとした。

寛は触るなとかなえを拒絶した。

「他人とか関係ねぇ!俺は俺のためにやってんだよ!」寛はそう怒鳴ると、かなえの前から立ち去った。

 

呆然とするかなえ。

あれってどうでもいいことだったんだ…と呟いた。

寛にとっての”普通”はかなえにとっての”特別”だった。

けれどかなえにとっての”普通”は寛にとっては”苦痛”だったのだろうか。

さっきまで笑い合っていたベンチを見つめるかなえ。寛もあっち側の人間だった。

 

 ▼続きはこちらから読めます!▼ 

最新話の掲載雑誌をすぐに無料で読む

わー詳しくありがとう!だけどやっぱり漫画は絵を見ながら読みたいかも!安くてお得に読める方法知らないかな?

それだったらおすすめの方法があるよ!紹介するね!

あらすじをお話しましたが、やはり漫画は絵を見ながら読むのが面白いですよね。

以前は漫画村のような違法のサイトがありましたが、今はなくなってしまいました。

しかし、違法ではなく漫画の最新話を読む方法があるんですよ。

こちらにおすすめなサービスを紹介しますね。

サービス名 無料ポイント 無料で読める冊数
U-NEXT 600ポイント 今すぐ1冊分が読める
クランクイン!ビデオ 3000ポイント 今すぐ6冊が読める
music.jp 600ポイント 今すぐ1冊分が読める

これらのサービスを使うと、無料お試し期間中にポイントがもらえて、そのポイントを使って新作の漫画を買うことができるんです。

また、無料期間内に解約しても、違約金もかからないし、登録も簡単なのでご安心ください。

最新話を絵付きで読みたいと思ったら、ぜひお試しください!

   

▼31日間無料で今すぐ漫画を読む▼

  U-NEXTを無料で登録&解約できるか不安な方はこちらをご覧ください。

 好きな漫画をお得に読む方法

オトナの女性にも人気なレディースコミック。

ドラマ化や映画化などで、そこから原作が漫画だったと知ることも少なくないのではないでしょうか?

こちらに、おとよみで人気なレディコミをまとめてみました。

違法じゃなく無料で読める方法も紹介しています。

この記事を書いている人 - WRITER -





- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© おとよみ , 2020 All Rights Reserved.