乙女心でお得に読める漫画を紹介します☆

カカフカカ【56話】最新話のネタバレと感想!今だから向き合える

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

カカフカカの最新話もう読んだ?どうだった?

うん!読んでとっても良かったよ!カカフカカの最新話のネタバレを話してみるね!

2020年6月25日発売のKiss 2020年8月号の最新話を読みました!

カカフカカ【第56話】について、あらすじとネタバレ、感想をまとめてみます。

 

カカフカカを無料で読む方法と過去のあらすじまとめはこちらになります。

もし文章のネタバレではなく、絵付きで漫画が読みたければ、U-NEXTで31日間無料で読めますよ。

/600円分のポイントプレゼント!\

 

カカフカカ【第56話】最新話のネタバレ

食い下がる亜希

亜希が誰かと付き合ったら嫌で、一人だと安心して、居なくなってほしくなくて、親しくなりたくて、添い寝したいと言う本行に、それはもう私のことが好きなのじゃないのか?

と亜希は聞く。

しかし本行は、たぶんそういうのとは、違うと思うと答える。

亜希は本行の態度に呆れながら、他にもいろいろとそれっぽい言動をしているのに何があ違うのか教えてほしいと言う。

亜希にとって本行が説明した亜希への思いは“好き”でしかなく、逆に本行にとってどんな気持ちが“好き”になるのかと聞く。

本行はうまく言えないと前置きをしながら、“好き”という気持ちは“いいもの”というイメージがあると答える。

自分への気持ちは“悪いもの”なのかと亜希が聞くと、“悪いもの”ではなくて“汚いもの”と本行は口ごもりながら答える。

わけが分からず、もう少し具体的に説明してくれると、ありがたい、と戸惑いながら亜希が頼むと本行は、説明したくないと言う。

怒る亜希に、うまく言える気が、しないし亜希が、嫌な気分になりそうだから、言いたくないと本行は言う。

亜希は怒って、ここまで聞いておいて肝心なところを聞けないのも十分嫌だし、嫌かどうか決めるのは本行ではなく自分だと言う。

なおも渋る本行に、亜希は言わないならこの先一生本行とは口をきかないと宣言する。

黙り込んだ本行に、話すのはこれきりだと言って亜希は去る。

もう口をきかないなんて小学生みたいなことを言ってしまった。

と後悔しながら、こんな子供だましには引っ掛からないだろう、と思っていた亜希だが、本行は帰ろうとする亜希にポツポツと語り出す。

 

本行の気持ち

本行は自分の小説の中の“彼女”に起こることに自分の願望が入っていると言う。

亜希は本行の小説で首を切られたり焼かれたりすりつぶされたりしている“彼女”を思い出し、自分にそういうことをしたいのかと恐る恐る聞く。

本行は慌てて違うと答える。

本行の様子がいつもと違うと亜希は感じる。

中学の時に亜希にキスをした時、いつもと違う、驚いた亜希の様子に、興奮してもっと表情を崩したい、と思ったと本行は言う。

その後亜希に、避けられるようになってしまい、そこではじめて、学校帰りに寄り道したり、どこかへ出かけたかった、と考えるようになったけど、どうしようもできなくなっていた。

亜希に笑って傍にいてほしかったけど、その笑顔を自分の手で崩したくもあった。

大事にしたい気持ちや壊したい気持ちが、ごちゃまぜになってどうしようもできなくなって、その気持ちを小説にしたら、それが認められてしまって仕事になっていた。

と亜希に顔を合わせないように、身体ごと横を向いて本行は語った。

自分の小説は、本行の思い出の中の亜希を、好き勝手に使った自慰行為、みたいなものでしかなく、それを続けて繰り返した自分が気持ち悪いと思うのに、そんな自分の気持ち悪い思いが“いいもの”なはずはない、と言って謝る本行。

そんな本行に亜希は、真面目で夢見がちで乙女か、と言い放つ。

本行は私のことが好きだよと断言する亜希に、反論しようとする本行だが、亜希は“好き”って言葉は清濁余裕で併せ呑む懐深い言葉だからとかぶせるように言う。

本行はなおも、自分が引きずっているのは、中学の時の亜希をベースに勝手に頭の中で作り上げたもので、自分は確かに亜希に執着しているが今の亜希に執着しているかは自分でもよくわからないと言う。

亜希は今も昔もどっちにしろ私だから誤差範囲内でしかなく、本行が添い寝したいのも嫌われたくないのも今の亜希で成り立つでしょう?と本行に言う。

肯定する本行に、間違ってても別にいいと力強く付け加える亜希。

亜希は、本行が“好き”と思いたいなら思えばいいし、思いたくないなら思わなくていいと結論づけた。

 

自覚した本行

亜希の言葉に少し考え込んだ本行は、試しに一回口に出してみたいと亜希に言う。

亜希は本行が言いたい言葉が何かわからなかったがとりあえず頷く。

本行は亜希に“好き”と告げ、亜希は顔を真っ赤にする。

本行は一人でなるほど、と何度か頷いて、亜希の名前を呼ぶ。

亜希が顔を上げ本行を見ると、本行は微笑んで亜希を見つめる。

亜希はそんな本行に、目を見開いてなにかを感じるのだった――

 

次回へ続く。

 

カカフカカの過去のあらすじまとめはこちらになります。

最新話の掲載雑誌をすぐに無料で読む

わー詳しくありがとう!だけどやっぱり漫画は絵を見ながら読みたいかも!安くてお得に読める方法知らないかな?

それだったらおすすめの方法があるよ!紹介するね!

あらすじをお話しましたが、やはり漫画は絵を見ながら読むのが面白いですよね。

以前は漫画村のような違法のサイトがありましたが、今はなくなってしまいました。

しかし、違法ではなく漫画の最新話を読む方法があるんですよ。

こちらにおすすめなサービスを紹介しますね。

サービス名 無料ポイント 無料で読める冊数
U-NEXT 600ポイント 今すぐ1冊分が読める
クランクイン!ビデオ 3000ポイント 今すぐ6冊が読める
music.jp 600ポイント 今すぐ1冊分が読める

これらのサービスを使うと、無料お試し期間中にポイントがもらえて、そのポイントを使って新作の漫画を買うことができるんです。

また、無料期間内に解約しても、違約金もかからないし、登録も簡単なのでご安心ください。

最新話を絵付きで読みたいと思ったら、ぜひお試しください!

   

▼31日間無料で今すぐ漫画を読む▼

  U-NEXTを無料で登録&解約できるか不安な方はこちらをご覧ください。

 

カカフカカの最新話感想と考察

ああでもない、こうでもない、と気持ちをこねくりまわして、認めたがらない本行を、強引に納得させた亜希は、凄いと思った。

自覚してくれてよかった!

 

 好きな漫画をお得に読む方法

オトナの女性にも人気なレディースコミック。

ドラマ化や映画化などで、そこから原作が漫画だったと知ることも少なくないのではないでしょうか?

こちらに、おとよみで人気なレディコミをまとめてみました。

違法じゃなく無料で読める方法も紹介しています。

この記事を書いている人 - WRITER -





- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© おとよみ , 2020 All Rights Reserved.