乙女心でお得に読める漫画を紹介します☆

【グランマの憂鬱】最新話ネタバレとあらすじまとめ!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

グランマの憂鬱ってどういうお話なのかな?

こちらにあらすじをまとめてみるね!ぜひ気になるところから読んでみて!

高口里純さんのグランマの憂鬱の漫画の内容を知りたいと思っていませんか?

こちらで漫画のあらすじをまとめてみます。この記事を読むと、グランマの憂鬱のあらすじを理解することができます。

また、過去の話毎にネタバレも記載していきます。

ネタバレを知りたくないという方は要注意してくださいね!最新話のネタバレはこちらに書いています。

もし文章のネタバレではなく、絵付きで漫画が読みたければ、U-NEXTで31日間無料で読めますよ。

/600円分のポイントプレゼント!\

グランマの憂鬱のあらすじまとめ

百目鬼村――この閉鎖的な村を取り仕切る女頭領・百目鬼ミキは、長年培った人生経験からくる肝が据わった発言で、村人たちから慕われていた。

末っ子のトオルに嫁いだ由真は娘の亜子と共に、ミキの家に厄介になっていた。

亜子はミキのことを気に入り、”グランマ”と呼んで一緒に散歩をする仲に。

村の相談役として、今日もミキの元へ相談事が持ち込まれる。

オレオレ詐欺やいじめ、DVや不登校――現代社会のあらゆる問題に、ミキの喝が飛ぶ!若奥様・由真も羨むニューヒーロー、格好良過ぎるミキおばあちゃん、ここに見参!

 

▼話数のタップで知りたいお話へ飛びます▼

グランマの憂鬱各話ネタバレ
28話 29話 30話 31話

 

グランマの憂鬱ネタバレ一覧

28話のネタバレ

ミキの部屋を訪れた由真と亜子。

そこには数え切れないほどの着物が吊るされていた。

その中央に座っていたミキ曰く、虫干しをしている、とのこと。

ミキは、気に入ったものがあれば由真たちに譲ると、にこやかな笑顔を浮かべていた。

 

翌日――

今度は家全体を整理し始めるミキ。

立派な道具が軒下を埋め尽くす。

ここでもミキは、欲しいものがあればあげると言うのだ。

 

由真は、突然片付けに精を出すミキのことが気になり、単身赴任先から帰ってきていたトオルに相談する。

けれどトオルは、天気が良いからだと、適当に流すのだった。

 

今度は蔵の整理を始めるミキ。

いつの間にか物が増えると不思議そうにするミキに、不要品は洋一郎の所へ持っていけと村人たちは口を揃える。

なんでも、洋一郎はガラクタ集めを趣味にしているそう。

 

ミキは、亜子と近所の村人たちの手を借りながら、蔵の中の物を庭いっぱいに広げていく。

その量はトオルも圧倒されるほど。

トオルは自分も手伝うと申し出たが、青年会の迎えが来たため、行ってしまう。

亜子もトオルの後をついて行ってしまった。

 

 ▼続きはこちらから読めます!▼ 

最新話の掲載雑誌をすぐに無料で読む

わー詳しくありがとう!だけどやっぱり漫画は絵を見ながら読みたいかも!安くてお得に読める方法知らないかな?

それだったらおすすめの方法があるよ!紹介するね!

あらすじをお話しましたが、やはり漫画は絵を見ながら読むのが面白いですよね。

以前は漫画村のような違法のサイトがありましたが、今はなくなってしまいました。

しかし、違法ではなく漫画の最新話を読む方法があるんですよ。

こちらにおすすめなサービスを紹介しますね。

サービス名 無料ポイント 無料で読める冊数
U-NEXT 600ポイント 今すぐ1冊分が読める
クランクイン!ビデオ 3000ポイント 今すぐ6冊が読める
music.jp 600ポイント 今すぐ1冊分が読める

これらのサービスを使うと、無料お試し期間中にポイントがもらえて、そのポイントを使って新作の漫画を買うことができるんです。

また、無料期間内に解約しても、違約金もかからないし、登録も簡単なのでご安心ください。

最新話を絵付きで読みたいと思ったら、ぜひお試しください!

   

▼31日間無料で今すぐ漫画を読む▼

  U-NEXTを無料で登録&解約できるか不安な方はこちらをご覧ください。

 好きな漫画をお得に読む方法

オトナの女性にも人気なレディースコミック。

ドラマ化や映画化などで、そこから原作が漫画だったと知ることも少なくないのではないでしょうか?

こちらに、おとよみで人気なレディコミをまとめてみました。

違法じゃなく無料で読める方法も紹介しています。

この記事を書いている人 - WRITER -





- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© おとよみ , 2020 All Rights Reserved.