乙女心でお得に読める漫画を紹介します☆

抱きしめて ついでにキスも【20話】最新話のネタバレと感想!この幸せが、ずっと続きますように――

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

抱きしめて ついでにキスもの最新話もう読んだ?どうだった?

うん!読んでとっても良かったよ!抱きしめて ついでにキスもの最新話のネタバレを話してみるね!

2020年8月28日発売のココハナ 2020年10号の最新話を読みました!

抱きしめて ついでにキスも【第20話】について、あらすじとネタバレ、感想をまとめてみます。

 

抱きしめて ついでにキスもを無料で読む方法と過去のあらすじまとめはこちらになります。

もし文章のネタバレではなく、絵付きで漫画が読みたければ、U-NEXTで31日間無料で読めますよ。

/600円分のポイントプレゼント!\

 

抱きしめて ついでにキスも【第20話】最新話のネタバレ

虎太郎のファン

オンライン講座の講師を任された虎太朗。

色々と検索していると、虎太郎のファンだと思われる女子高生の女の子が検索に引っかかった。

写真を見ると、若くて大人っぽかった。

他にも検索で引っかかるのは若くて可愛い子ばかりだった。

彼女であるたま子は、内心複雑だった。

けれど、浮気の心配はしていない。

先日、虎太朗に「一生一緒にいるつもり」と言われた。

あれを軽く言う人ではわないだろう。

ただ、改めて虎太朗がこんなに素敵な男性なのだと再認識していたのだ。

外見も中身も揃っている虎太朗。

もっと彼に似合うピカピカな女の子がいるはずなのに、自分のどこを気に入って付き合って暮れているのだろう。

たま子はその点が不安だった。

 

たま子の決意

虎太朗と食事をするたま子。

彼からオンライン講座の講師の仕事が延長することになったと言われた。

好評だったらしく、どういう意味で好評だったのかが気になるたま子。

しかし虎太朗が好評だと聞いて、頑張ろうとやる気になっていた。

応援するしかない。

それと同時に、ぼんやりしてはいけない気持ちになった。

本当は食べたかったデザートも食べず、たま子は気合いを入れた。

それからは食事制限と運動をするようになった。

だが30代に入ったせいなのか、なかなか効果が目に見えないため焦っていた。

 

動揺

夜、あっちゃんと洋平とのみそじ会に参加したたま子。

現在食事制限などをしている事情を話すと、虎太朗のファンらしき女子高生を見てみたいと言われる。

検索して見せようとすると、会社のSNSに上げた親睦会の写真をその女子高生が見つけていた。

自分が写っていたことに驚くたま子。

そこにはコメントが書いており、虎太朗の隣にいるたま子が彼女ではないだろうと否定していた。

虎太朗の彼女は、もっとレベルが高そうだと書かれていたのだ。

それを読んだたま子は、真っ当な意見だと気にした。

やはり自分たちはつり合っていないんだと。

最近はお酒を止めていたたま子。

今夜も飲まないつもりだったが、動揺していたたま子は1杯だけとハイボールを飲んだ。

 

自信がないたま子

たま子がへこんでいるように見えた洋平は声をかけた。

予想通りへこんでいたが、本当のことだから大丈夫だと答えた。

もっと色々と努力をしないといけないと思っているたま子。

2人はお似合いだと洋平が言っても、気遣いにしか聞こえないようだった。

「私にはもったいない彼氏だからさ」そう最近どんどん素敵になっていく虎太朗を思い浮かべながら、たま子は話す。

変に気を遣わせるのも嫌だからと、このことは虎太朗には話さないでと洋平にお願いした。

 

らしくないたま子

最近仕事がお互いに忙しく、会えていないたま子と虎太朗。

仕事を終えて疲れきっていたところで、虎太朗から電話がかかる。

それは夜ご飯のお誘いだった。

すぐに行きたいと思ったが、今のひどい状態では会いたくないと思い、身支度を整える時間をもらった。

化粧をし、髪も巻く。

その姿で虎太朗に会いに行くと、いつもと雰囲気が違って化粧も濃いと言われる。

ご飯は何を頼むかと聞かれ、スープとサラダだけにするとたま子は答えた。

虎太朗と隣に並んだ時に差が出ても嫌だから、これからは色々気を付けようと思っていると伝えた。

そんなたま子に、虎太朗は少し呆れた。

差を感じたことなど、1度もないからだ。

たま子っぽくないと言われ、それでも自分も一応女子だからとたま子が言うと、とりあえずわかったと言った。

変な空気のまま、2人は別れた。

 

事実

翌日、たま子のことを考える虎太朗。

ぼーっとしている虎太朗を洋平が声をかけた。

虎太朗は、昨日からたま子が色々なことを急に気にし始めたことを言った。

洋平はどうしようかと思った。

たま子に口止めされていたからだ。

けれど、2人が上手くいっていないのに黙っていることを洋平はできなかった。

洋平はたま子が気にし始めたきっかけであろうSNSを見せた。

それを見た虎太朗は、「は?」と一言言った。

 

自慢の彼女

たま子は残業後、家で虎太朗の最後のオンライン講座を見ていた。

教えることが終わったのか、最後の挨拶に入る虎太朗。

ちゃんとしているなと思いながら虎太朗の話を聞いていると突然、「彼女がいます」と言い出した。

突然のカミングアウトに、たま子は赤面で慌てた。

5つ以上年上だということも言い、余計にテンパるたま子。

これ以上変なことを言わないように願っていると、たま子のことを見た目も中身も可愛いと言った。

「本人にも言ったことないけど、自慢の彼女っていつも思ってるんで」

照れながらそう言った虎太朗を見て、何1人で空回っていたのだとたま子は思った。

 

似た者同士

講座を終えた虎太朗の元に、慌ててたま子がやって来た。

たま子は珍しく、勢いよく虎太朗に抱きついた。

たま子は配信を見て、最近思っていることをすぐに聞いてほしくて勢いで来たのだという。

どう言うべきかたま子が考えていると、虎太朗はすでに洋平から事情を聞いていた。

「『私にはもったいない彼氏』とか言ってんだって? 逆だから。俺の方が思ってるよ」

たま子は虎太朗から見ると、自分よりもずっと大人だった。

早く追いついて繋ぎ止めたくて、いつも必死だという。

 

そしてありのままのたま子がどんなに可愛いかを語った。

恥ずかしすぎて、たま子が言うのを止めたくらいだ。

「無理しなくていいよ。そのままのたま子かんを好きになったんだから」

ずっとモヤモヤしていたことを、全部晴らしてくれた。

こんなに大切に思える人は、今後絶対彼以外いないだろう。

そして虎太朗とたま子が愛し合った後、虎太郎のスマホが鳴る。

配信を見た相手の女性は、たま子に会ってみたいと言った。

会わせてくれるはずがないと思っていた。

だが虎太朗は、いいよと答えた。

 

次回へ続く。

 

抱きしめて ついでにキスもの過去のあらすじまとめはこちらになります。

最新話の掲載雑誌をすぐに無料で読む

わー詳しくありがとう!だけどやっぱり漫画は絵を見ながら読みたいかも!安くてお得に読める方法知らないかな?

それだったらおすすめの方法があるよ!紹介するね!

あらすじをお話しましたが、やはり漫画は絵を見ながら読むのが面白いですよね。

以前は漫画村のような違法のサイトがありましたが、今はなくなってしまいました。

しかし、違法ではなく漫画の最新話を読む方法があるんですよ。

こちらにおすすめなサービスを紹介しますね。

サービス名 無料ポイント 無料で読める冊数
U-NEXT 600ポイント 今すぐ1冊分が読める
クランクイン!ビデオ 3000ポイント 今すぐ6冊が読める
music.jp 600ポイント 今すぐ1冊分が読める

これらのサービスを使うと、無料お試し期間中にポイントがもらえて、そのポイントを使って新作の漫画を買うことができるんです。

また、無料期間内に解約しても、違約金もかからないし、登録も簡単なのでご安心ください。

最新話を絵付きで読みたいと思ったら、ぜひお試しください!

   

▼31日間無料で今すぐ漫画を読む▼

  U-NEXTを無料で登録&解約できるか不安な方はこちらをご覧ください。

 

抱きしめて ついでにキスもの最新話感想と考察

たま子は心の奥底で、虎太朗との年齢差などを不安に思っていたのだろう。

だからこそ、今回の出来事が起こった。

でも虎太朗はたま子が思っているよりも、かなりたま子のことが好きだった。

若さとか見た目とか、そんなものよりたま子自身の魅力に惹かれていた。

見た目だけではなく、中身も虎太朗はイケメンだ。

そんな虎太朗に電話。

たま子に会ってみたいという女性とは一体誰なのだろう。

次回も変わらず楽しみだ。

 

 好きな漫画をお得に読む方法

オトナの女性にも人気なレディースコミック。

ドラマ化や映画化などで、そこから原作が漫画だったと知ることも少なくないのではないでしょうか?

こちらに、おとよみで人気なレディコミをまとめてみました。

違法じゃなく無料で読める方法も紹介しています。

この記事を書いている人 - WRITER -





- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© おとよみ , 2020 All Rights Reserved.