乙女心でお得に読める漫画を紹介します☆

ちはやふる【230話】最新話のネタバレと感想!名人戦第3試合周防名人の「本気」をまえに新はどう戦うのか?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ちはやふるの最新話もう読んだ?どうだった?

うん!読んでとっても良かったよ!ちはやふるの最新話のネタバレを話してみるね!

2020年10月1日発売のBE・LOVE 2020年11月号の最新話を読みました!

ちはやふる【第230話】について、あらすじとネタバレ、感想をまとめてみます。

 

ちはやふるを無料で読む方法と過去のあらすじまとめはこちらになります。

もし文章のネタバレではなく、絵付きで漫画が読みたければ、U-NEXTで31日間無料で読めますよ。

/600円分のポイントプレゼント!\

 

ちはやふる【第230話】最新話のネタバレ

大きな一勝

千早ちゃん、綾瀬、綾瀬先輩と泣いて喜ぶ奏達。

まさか詩暢ちゃんがと驚きの顔の母親達。

クイーン戦第3試合は2枚差で綾瀬さんの勝ちですと告げられ、憤怒の顔の詩暢。

札をカシャカシャと片づけ、早々に立ち去る詩暢。

ぐらっと体が傾く千早を見て寝ちゃう!と奏たちが慌てるが、ぐっと持ちこたえる千早。

別室では千早の勝利に湧きあがり、みんなが泣いていた。

その様子を見ていた父親が対戦相手の強さはよくわからないし、千早のすごさだってわからんままここに来たけど、こんなに?

こんなに特別なことなのかこの一勝はと涙ぐみながら言った。

負けた?クイーンが?格下の同級生に?最強じゃなかったん?とどよめきが内外に広がる。

相手そんな強かった?調子悪いわけじゃなかったよね、ショック、負けることあるんじゃん!とあの女王に勝てるんじゃん、とネット上でも騒ぎが広がっていた。

そこに詩暢が戻ってきて、畳の上に崩れ落ちる。

詩暢の母がたった一敗やないの、大丈夫と近づいてきた。

その時、詩暢の脳裏に一勝、と呟く千早の顔が思い浮かぶ。

ドンっと母親を突き飛ばす詩暢になにすんのお母さんにと言われてしまった。

堪忍なお母さん、何の役にも立たんのやから八つ当たりくらいしてもええかと思ってもうた、と強気に笑うが、手は小刻みに震えている。

 

今田の分析

渡会さんお疲れ様と言った今田が今男子トイレから出てこなかった?え?と戸惑う。

今田さんお疲れ様です~!と飛びつき、まさかまさかなんですよ、まさか本当に綾瀬さんが!と顔を覆う渡会。

渡会さん綾瀬さんに稽古つけてたんですっけ、大番狂わせねと今田。

「せ」が出ませんでしたけど今田さん的にはどうでしたか?

「読まれない札」でしたか?

「せ」は?

と聞かれた今田が、ふふ、どうかしらね誰だって猛烈に早く取りに来る札だけど、若宮さんは逆にいつもほどよく特別視せずほかの札がとれたらいいと思ってる感じ。

でも最後の3枚になったところで一瞬集中力が切れた、と分析する今田。

綾瀬さんも「せ」は絶対取りたいと思って送ったんでしょうけどいつでも行ける状態で力を抜いていた、3試合目の終盤であれができた練習の成果なの?渡会さん、と聞かれる。

そこに桜沢がやってきて、はっとする二人の耳に「あまのおぶねのつなでかなしも」の歌が聞こえてきた。

一方、福井県あわら市では由宇がアキおばあちゃんの入浴介助をしていた。サポートの人が急にこれなくなり、由宇が暇だったからと笑う。

お風呂の介助を終えた由宇に、お隣の新くん今名人戦なんでねんか?応援とか行かんでいいんかと聞かれ、ネット配信見てて新は勝ってたし大丈夫やと答える由宇。

差し入れ渡したし新のおじいちゃんがあかんのに私が行くなんてさ、と笑った。

 

反応しろ

新の家に入った由宇は仏間に置かれたおじいちゃんの写真に気付く。

あれ、おばちゃん持っていくって言ってたのに、忘れた?なんやそれー!と写真を抱く由宇。

位牌と一緒に見ようと思ってたけど写真にしよ、こたつで見ようおじいちゃんと話しかける由宇。

お風呂の介助用の椅子とかまだ取ってたんや、おじいちゃんの入浴介助は新の仕事でちょこっと手伝ったけどなんでも経験しとくもんやなーと介助用の椅子を持ち上げる。

春には由宇は地元の看護学校、新は東京の大学に行く、賞状やトロフィーを見上げて、炬燵よりここがいいかおじいちゃん、名人の間だし、と話しかける由宇。

自分で選んだのに、不満はないのにあほみたいだな、おいてかれるみたいな気持ちと思いながらスマホでネット配信を見る由宇。

クイーン戦の結果を聞いて詩暢が負けたことに驚く由宇。

名人戦の第3戦は挑戦者綿谷さんが残り7枚、どうでしょうという声。

ちぎりきなで周防が反応するのを見ている新。

空札です、名人一枚綿谷さんが7枚持っていますが、空札はあと一枚だけですねと解説の人。

一枚しかない「ち」の反応で名人に負けてる、いまのが「ちぎりお」だったら抜かれてると新の様子を見て考える。

敵陣に手が出ないうえに名人に囲われてどうする、自陣の出る確率の方が高い。

でも、名人の得意な札ばかり持たされて守らされてるんだそれは自分が苦手な札ばかり送ってきた周防の変化に対応しろ、と語りかけた。

新の試合を見守る千早と由宇、新はまだ終わらない反応しろと札を見つめ続ける。

「ちはやぶる」で反応して札をはじいてしまった新。

空札をお手付きで3試合目は周防の勝利となり、勝敗は名人1勝、挑戦者2勝となる。

 

新の励まし

伊勢が中盤以降、コンパクトにした名人の配列に新が戸惑いましたね、と分析し、3試合目の重圧もあったかと思いますが、と話す。

重圧?と聞かれ、ここまで来てこの席で頭をよぎらない者などいません。

あと一勝したら名人、おじいさんが永世名人で、ものすごく身近に感じてきた手が届くことを疑わないできた手が届いてしまうんですよ名人の呪縛にもと伊勢。

それを聞いていた由宇は多くの賞状やトロフィーを見上げ、椅子から立ち上がった。

項垂れる新が立ち上がると、千早と目が合う。

凛とした強いまなざしを見て、顔が違う、詩暢ちゃんに勝って超えてきたと思う新。

顔を見ていられずパッとそらす新があ、と思うのと同時に千早もあ、と思ってしまう。

待って新と追いかけてきた千早に、おめでと勝ったんやなすごいよ見たかったと新。

新が励ましてくれたからと千早。

見なくてもわかる、詩暢はここで終わらせようとした、ゴールと見据えてしまって、千早の粘りに焦り、千早は繋ごうとした。

慌てず焦らず僅差でいい勝ち切ろうと、瑞沢のキャプテンならそうする、チームのためにそうすると考える新。

「ちは」でお手付きなんて恥ずかしいがのぉ、ほんとだめやったわと新。

そういうこともあるよわたしだってやるめっちゃやる、わたしもいま「ちは」に嫌われてるっぽいし、と千早が言うとなんやそれと笑う新。

おれは?おれは?おれのかるたはどこにある?と自問自答する新。

ハンデを超えていく周防名人のあの強さ、札が消えていく名人のかるた、じいちゃんのかるたで歯が立たんのならどうしたらいい?俺がじいちゃんのかるたをこわしてしまったら、と新。

千早が呼びかけると、ごめん、大丈夫一敗しただけやし、九頭竜さんの読み独特でアレやったけど次山城さんやし、立て直すわ大丈夫と答える新。

眼鏡を外して大丈夫と答えた新が千早の元を去っていく。

周防名人の本当の強さに触れたら、かるたを続けてたくなくなるぐらいのショックがある。

わかってたのにみんなして新を特別やと新なら大丈夫やなんじゃないかと勝手に思うてたんやとみんなが思う中、由宇が荷物をもって新幹線に乗っていた。

 

次回へ続く。

 

ちはやふるの過去のあらすじまとめはこちらになります。

最新話の掲載雑誌をすぐに無料で読む

わー詳しくありがとう!だけどやっぱり漫画は絵を見ながら読みたいかも!安くてお得に読める方法知らないかな?

それだったらおすすめの方法があるよ!紹介するね!

あらすじをお話しましたが、やはり漫画は絵を見ながら読むのが面白いですよね。

以前は漫画村のような違法のサイトがありましたが、今はなくなってしまいました。

しかし、違法ではなく漫画の最新話を読む方法があるんですよ。

こちらにおすすめなサービスを紹介しますね。

サービス名 無料ポイント 無料で読める冊数
U-NEXT 600ポイント 今すぐ1冊分が読める
クランクイン!ビデオ 3000ポイント 今すぐ6冊が読める
music.jp 600ポイント 今すぐ1冊分が読める

これらのサービスを使うと、無料お試し期間中にポイントがもらえて、そのポイントを使って新作の漫画を買うことができるんです。

また、無料期間内に解約しても、違約金もかからないし、登録も簡単なのでご安心ください。

最新話を絵付きで読みたいと思ったら、ぜひお試しください!

   

▼31日間無料で今すぐ漫画を読む▼

  U-NEXTを無料で登録&解約できるか不安な方はこちらをご覧ください。

 

ちはやふるの最新話感想と考察

千早は勝ったけど、新がかなり追い込まれてる。

潰れてしまわないか心配。

 

 好きな漫画をお得に読む方法

オトナの女性にも人気なレディースコミック。

ドラマ化や映画化などで、そこから原作が漫画だったと知ることも少なくないのではないでしょうか?

こちらに、おとよみで人気なレディコミをまとめてみました。

違法じゃなく無料で読める方法も紹介しています。

この記事を書いている人 - WRITER -





- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© おとよみ , 2020 All Rights Reserved.